Top > マニュアル > MTのSQLite化

MTの利用データベースをBerkeleyDBからSQLiteにする手順 &aname(e09a9f7d,super,full)\{};

注意事項
この作業はリスクを伴います。会員の皆様による作業を積極的に推奨するものではありません。
自己責任でお願いします。

まずはMTの管理画面からおこないます。

mt-check.cgi にアクセスし、サーバ環境がSQLiteをサポートしていることを確認する。 &aname(acbf35c0,super,full)\{};

mt.cgi がある場所と同じ階層にあります。ない場合は該当ファイルのみ再インストールします。

sqlite_supported.gif
  • さくら、ロリポップは対応しているようです。
  • このマニュアルの画像はさくらのレンタルサーバでのものです。

ブログのバックアップ &aname(n1fcee8c,super,full)\{};

ブログをフォルダ丸ごと、バックアップ(FTPにてダウンロード)します。

特にDBフォルダのバックアップは最重要です。

mt-config.cgi の編集 &aname(lff16135,super,full)\{};

mt-config.cgi をFTPにてダウンロード。テキストエディタで開きます。 &aname(e5dcef9a,super,full)\{};

db_berkeley.gif

(上記の用になっていると仮定します)

mt-config.cgi に SQLite用の設定を加えて、サーバにアップロード。 &aname(tc276ed5,super,full)\{};

db_both.gif

(赤の範囲が変更した部分です)

データの変換 &aname(s731932d,super,full)\{};

ブラウザから、mt-db2sql.cgi にアクセスします。 &aname(mdf8c6d7,super,full)\{};

mt.cgi がある場所と同じ階層にあります。ない場合は該当ファイルのみ再インストールします。

db2sql.gif

(エラーなく変換されればOKです)

再度 mt-config.cgi を編集。 &aname(t33c955d,super,full)\{};

db_sqlite.gif

(赤の範囲が変更した部分。BerkeleyDB用の設定を無効化してアップロード)

  1. mt.cgi でログインし、正常に動作していることを確認します。
  2. mt-check.cgi と mt-db2sql.cgi を削除しておきます。

以上で完了です。