Top > 投稿時にエラーがでた場合

 * 投稿時にエラーがでた場合 [#t79e2413]
 
 
 こちらのサービスから外部投稿した際、正常に投稿された場合には『投稿成功』として
 投稿された記事の通し番号(ID)が返り値として戻ってきます。(これは再投稿の時に必要)
 
 しかし、MT次のようなコードをエラーとして返してくることあります。
 
 エラーの種類により次の原因が考えられます。
 
 *** Invalid return payload: enable debugging to examine incoming payload [#m5b47b91]
 
 原因として以下の要素があげられます。
 
 - APIアドレスが間違っている
 
 - MTがエラーを出力して終了している。
 
 *** Invalid blog ID '2' [#d0c3a6ee]
 
 該当するブログIDがMT内に存在しないというエラーです。
 
 MTを再インストールしたのちにサービス側に初期化依頼をしていないために、
 ブログIDが一致していないケースが考えられます。
 
 ----
 ''解決策''
 
 サポートチームに、サーバ情報初期化依頼のメールを出してください。
 
 *** Didn't receive 200 OK from remote server. (HTTP/1.1 500 Internal Server Error) [#fd9f2d4e]
 
 CGIが正常に動作していません。
 
 原因として以下の要素があげられます。
 
 - MTでエラーが起きている。(外部からの投稿に必要なプログラムがうまくインストールされていない/正常に動作していない。)
 
 - MTのmt-xmlrpc.cgi等のファイルのパーミッション(実行権限)が正しく設定されていない。
 
 - 発生するときとしないときがある場合、↓と同様に高負荷によるエラーが疑われます。
 
 *** Didn't receive 200 OK from remote server. (HTTP/1.1 302 Found) [#s01982be]
 
 最近、増加しつつあるケースです。
 「ある」レンタルサーバでしか検出されていません。
 
 MTにてなんらかのエラーが発生したために、レンタルサーバ提供のエラー画面へ転送されようとした場合に起こります。
 
 エラーの原因は不明(こちらからはMT設置サーバの調査ができません)ですが、当サービスからは正規に用意されたインターフェイスを経由しての投稿しかおこなっておりませんので、こちらからの投稿操作により不具合が誘発するということは、通常ありえないことです。
 
 「通常」と申しましたのは、以下の点が考えられるからです。
 
 + レンタルサーバがMTに完全に対応できていない場合。(MT最新版の再構築による負荷にたえられないケース)
 + MTの外部投稿を受け付けるプログラムにバグが存在する場合。
 
 現状では、発生しているレンタルサーバが限られていることと、投稿数が増えると発生しやすいことから
 
 (1)が原因として有力です。
 
 ----
 ''解決策''
 
 基本的にこちらからは操作できませんが。次の対策を行ってみてください。
 
 : 投稿時における再構築による負荷の軽減 | テンプレートから高負荷の要因になるものを削除します(サイドバーにある「最近のエントリー」など)
 
 : データファイルのSQL化 | BerkeleyDB を使用している場合、SQL化することでパフォーマンスが上がることが多いです。~ただし、MySQL等のサーバ間共用DBの場合、逆に遅くなるレンタルサーバもあるようです。~さくら、ロリポップの場合、SQLite化するのが良いようです。→ [[MTの利用データベースをBerkeleyDBからSQLiteにする手順>マニュアル/MTのSQLite化]]
 
 : ブログの初期化 | 他のブログで正常投稿できて、エラーが発生するブログの記事数を減らしても解決できない場合。( [[ブログの初期化手順]]を参照。 )
 
 : MTの再インストール | これによりエラーが発生しなくなる場合が多いですが、再度発生する場合はサーバが負荷にたえられない場合が考えられます。再インストール後は、こちらでデータの初期化をしなければ正常に投稿できませんので、メールにて御一報下さい。
 
 : サーバの移転 | テンプレートなどのカスタマイズとならんで、高負荷によるエラー解決の一つ有力な解決策です。→ [[どのサーバを選べば良いのか?>トラブルシューティング/サーバの適性]]
 
  ネットで検索してみるとMTの最新版と某レンタルサーバの相性はかなり悪いということが明らかになってきたようですね。
  記事数が百数十個で再構築できなくなるなんて、ブログの意味がないと思うのですが・・・。
  それでMT対応を語るのはどうなのかと。
 
 ----
 その他のエラーや御不明な点、これらの方法で解決できない場合がございましたら、
 こちらにお知らせください。
 
 support@acroserve.jp